2015年10月22日木曜日

海外進出するまでの過程  近況報告

近況報告いたします。(約2年分w)


おひさしぶりすぎて、なにがなんだか?ってことでしょうから、近況報告させてください。



ベトナムから帰国(2014年の2月後半あたり)して、   

さぁ~、お金もないし とりあえず仕事するか~



ということで、就職活動をしていたところ、
就活のフリーペーパーの後ろの広告に

”海外で働いてみませんか?”


っていうのが、目に飛び込んで来たのだ!!!


お~!!まさに私が求めてたものだわ♥とすぐさま食いつた☆
住所をみると、なんと実家からさほど遠くないところにあるではないか☆さらにテンション↑↑

すぐさま、電話して説明会に行ったところ、大学生が多い多い(笑)アラサーの私浮きまくり~~~。


説明会では色んな話が聞けて、まず必要な書類作成や、面接などなどがあるということで、すぐには行けないようであった。(当たり前だがなw 

その数ヶ月の間、色々と準備していくのだが、なにしろ金がないwので、就職活動も同時進行したのである。

それから数日経ったところ、無事、職(契約社員として)に就けて、新しい同期を和気あいあいと仕事していた。なんせ、オープニングスタッフだったものだから、みんな初めてで、すぐに意気投合した。めっちゃ、充実していたのである。

でも、その傍ら、私はスタップに内緒で海外進出の手続きを行った。(腹黒っていわないでw


約2ヶ月が経ったころ、さぁ~仕事もやっと落ち着きそうだな~ってところで、大体の書類が通り、あとは面接だけっていうところまできた。

私は、せっかく和気あいあいと楽しく仕事やってきたのに。。。これからもっと仕事も充実するだろうに。。
なんて思い始めて、あの時切に願っただろう海外進出に後ろ向きだった。

でも、そんなこと考えていても、時間は待ってくれない。



面接が始まった。



面接はスカイプで行ったのだが、カメラを通しての面接は初めてで、とても変な感じがしたし、画面に映る私の顔がとても残念だったのを覚えています。

緊張して、内容は覚えてないんだけど。自分の顔が衝撃過ぎて。。。(しつこいw


そして、一週間後、合格したと連絡が来た。


まさかの合格に驚いたが、やっぱり今の仕事もたのしいし、どうしようと少し迷ってしまってる自分が居た。
これから、新しく海外で生活基盤を創るのかとおもうと、億劫になったのだとおもう。(ベトナム生活がすさまじかったからっていうのもあるけど)

そんな私を見かねて、お尻を蹴ってくれたのが、母である。(背中を押すともいう?

「あなた!今行かないでいつくの???今でしょ!! もう30手前なんだから、これがラストチャンスだと思いなさい!!もうあんたいい人もいないくせに※△■@*※・・・・

とそのときの流行語に掛けて、喝をくれた。(説明するまでもないかw
そのときは、余計な一言に反発したけれどw 今ではとても感謝しています。ありがとう。

その言葉のお蔭て、アラサー且つ、実家住まいで彼氏無し人生から脱出する!!という意欲が湧いたのである。(まぁ半分以上は怒りの勢いだがなw


それから、職をあっさり辞め、新たな世界へと飛び出したのであった。


つづく

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


つづきは、行き先の国とそこでの体験記だよ!おたのしみね☆

写真は、ニョニャラクサっていう料理です。